3年間の間に、鹿児島→アメリカ(IL)→東京  といろんな土地に住んだけれど、やっと東京で落ち着いた40代主婦のブログ。★福岡市出身★


by naisn_ez
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ディスポーザーの欠点

キッチンのシンク ↓

f0224347_18311233.jpg


引越してから、8ヶ月以上が経った。

まだ軽く掃除すればキレイになるけれど、そろそろ、また自分でコーティングしなきゃかなぁ。
でも、コーティング後は、乾燥させる為に、12時間以上はシンクが使えないのがネック・・・・。


それはいいとして、引越してからというもの、

ディスポーザーの掃除が悩みの種。




f0224347_1835695.jpg




生ゴミを入れる所 ↓

f0224347_18354254.jpg



使い方は、蓋をして、水を流しながら、左の”ON"の所までツマミを回して、生ゴミを流す。
ツマミを”OFF” に戻した後、最低5秒は、水を出しっぱなしにする。


どうして掃除しにくいかというと、この生ゴミを入れる所は、”回転する” ので、
手を入れてスポンジでこすろうとしても、手の力によって庫内が回転するために、思うように擦れない

なので、どうしても、100%キレイにはできず。
写真の状態が、最大限、頑張ってキレイにした状態。015.gif





使用する時も、不便なことが多々ある。


・熱湯が流せない。(40℃以下の水しか流せない)
  →パスタを茹でた時は、一度、大きなボールに熱湯を入れてから冷めるまで待ち、(もしくは水を足し)流す。


・流せない物が意外に多い。
【卵の殻、生肉、生魚、玉ねぎの皮(ベージュ色の部分)、大きな種、ご飯、米、バナナの皮 等】


・油の詰まりが恐いので、フライパンなどで炒め物をした時は、最大限、油を拭き取る。
 油を使用した煮物などの汁は、水で薄めながら流す。





アメリカ時代は、シンクが2つに分かれていて、1つは普通の排水口、1つはディスポーザーだったので、
熱湯はもう1つの排水口に流せて、ディスポーザーの欠点はあまり感じなかった。
(勿論、流せない物は、日本のディスポーザーと同じようにあるけれど)

ただ、いずれにしても、熱湯は配管にとって悪いので温度を下げた状態で流した方がいいらしい。





とにかく、ディスポーザー自体は、いいんだけど、
シンクで流す水全てこのディスポーザー経由で流れていくというのが、哀しいところ。

排水口がもう1つあるならいいんだけどね・・・・物理的に無理だけど。


普通の排水口が懐かしいと感じてしまう今日この頃・・・・


ま、たしかに、生ゴミは減ったけどね・・・・・
[PR]
by naisn_ez | 2011-12-13 19:56 | 日常